関西シクロクロスブログ

関西シクロクロス公式ブログ

気が抜けないレース争い。混戦は島田真琴が制する

関西シクロクロス第5戦は「スチールの森京都」と名前の変わった日吉、路面に石が埋まり雨の影響でスリッピーな路面で難しいレースとなった。
C1はスタートから後続を置き去りする中原義貴(キャノンデール)がパンクで後退後島田が独走体制へ、2番手はジュニアクラスの中井唯晶(瀬田工業高)が40分のレースを終了まで快調な走りを見せる。中原がレース復帰後は後ろから畑中勇介(シマノレーシング)が迫る。C1を制したのは島田となり、2位争いは最終回の最後のコーナーセクションで、畑中が中原を抜くかと思うところで転倒する展開となった。
CL1は豊岡英子(パナソニックレディース)、CM1は水谷拓也(BUCYO COFFEE CLT)がそれぞれ制した。

C1スタート

難しいコンディションを制した島田真琴(シマノドリンキング)

快調な走りを見せた中井唯晶(瀬田工業高)

2番手は中原義貴(キャノンデール)と畑中勇介(シマノレーシング)の争い

地足を見せた畑中勇介(シマノレーシング)

CL1は豊岡英子(パナソニックレディース)の勝利

竹之内悠(コルバ・スペラーノハム)がレース先導のお手伝い