関西シクロクロスブログ

関西シクロクロス公式ブログ

最後まで接戦のゴールスプリント勝負。C1は島田真琴が経験値の差で制する

関西シクロクロス第6戦はアクセスのよい奈良県生駒市のくろんど池で開催された。近くに住み現役時代トレーニングコースとしていた三船雅彦氏監修の本場仕込みのコースレイアウトで選手からは手応えを感じたようだ。またクリスマスも近いので仮装で走る選手もいて、楽しいレース会場となった。
C1は序盤中原義貴(キャノンデール)が飛び出し前田公平(スコット)と争う。後方から島田真琴(シマノドリンキング)が追いつき、中原が脱落後は前田と島田がパックで周回を重ね、最後はゴールスプリントに持ち込んだ島田が勝利した。
CM1は藤井修(きゅうべえsport)が後続の丸畑明彦(PCサイクルクラブ松本)、羽鳥和重(cycleclub 3UP)、大河内二郎(シルクロード)からリードするものの脱落、最後は丸畑と羽鳥のスプリントとなり丸畑が制した。CL1は坂口聖香(パナソニックレディース)が勝利したものの、転倒した際の怪我で表彰を欠席している。

C1スタート

序盤は中原義貴(キャノンデール)が先行

ゴールスプリントまで前田公平(スコット)と島田真琴(シマノドリンキング)のパックで走る

勝負強い丸畑明彦(PCサイクルクラブ松本)

怪我が気になる坂口聖香(パナソニックレディース)

サンタがお菓子をプレゼント