関西シクロクロスブログ

関西シクロクロス公式ブログ

ピットエリアに関するルール運用の変更とその対応について

UCIオフロードチームから通知があり、ビットエリアでは必ず自転車もしくは車輪の交換が必要となりました。
 関西シクロクロスシリーズでは、本来のルールを尊重しつつ、十分な交換機材の準備ができない参加者等もあることに配慮し、以下のように対応します。

  • ピットエリアに入ったが交換機材がなかった、または誤ってピットエリアに入った場合は、一旦前輪を外し掲げピットマーシャルに許可アピールすることで、機材交換したものと見なされ、競技を続行できる。
  • また、機材故障をした自転車をピットエリア内で修理する場合、ピットマーシャルが修理確認することで自転車を交換することなく競技を続行できる。

 詳しくは以下をご覧ください。
http://www.kyoto-cf.com/cross/#pitrule