関西シクロクロスブログ

関西シクロクロス公式ブログ

激戦のサカイ選手権は横山航太が力の差を見せる

関西シクロクロス第9戦堺は自転車パーツメーカーシマノのお膝元で行われた。海沿いからの海風が吹く平坦な公園に複数のコーナーとわざわざ耕耘機で耕した砂場が選手を苦しめるスピードコースだ。
C1は今シーズンからシマノレーシングに入る横山航太(篠ノ井高校)と中原義貴(キャノンデール)、ジュニアながらエリートのパックに入る中井唯晶(瀬田工業高)が後続を大きく引き離す。ジュニアクラスの40分一杯まで中井が3人の展開に入りトッブを維持して終了、残る横山と中原の争いは並んだゴール直前のシケインで、これまで速いペースで走った中原が足を付いたとたん攣ってしまい、そのアクシデントを横目に横山の関西シクロクロス2勝目となった。3位は畑中勇介(シマノレーシング)が入った。
CM1は序盤は藤井修(きゅうべえSports)・大河内二郎(シルクロード)・丸畑明彦(PCサイクルクラブ松本)・石田純之(美山サイクリングクラブWSJ)・水谷拓也(BUCYO COFFEE CLT)のパックが形成されるも後半は藤井と大河内の一騎打ち。コース最後のシケインで藤井が先頭に立つも、残る短い距離を追い上げた大河内に軍配が上がった。3位に丸畑となった。CL1は坂口楓華(パナソニックレディース)の勝利。

C1スタート

C1は横山航太(篠ノ井高校)と中原義貴(キャノンデール)、ジュニアの中井唯晶(瀬田工業高)がレースを先行する

藤井修(きゅうべえSports)を下した大河内二郎(シルクロード)

パナソニックチームを守る坂口楓華(パナソニックレディース)

自転車城下町シマノで開催されるから「サカイ選手権」

トレックは新型CXバイク「「Boone(ブーン)」を展示