関西シクロクロスブログ

関西シクロクロス公式ブログ

独自種目シクロクロススプリントについて

メモリアルシクロクロスでは、独自種目シクロクロススプリントを、以下の要領で開催します。
 ・一組あたり15名程度が、同時にフルコースを一周だけ走り、
  着順を競います。
 ・L3からC1まで、なるべくバラバラのカテゴリが、一組に
  混在するよう主催者側で組み分けします。
 ・カテゴリに応じてハンディキャップを設けるため、初級カテ
  ゴリの選手にも勝つチャンスがあります。
 ・ハンディキャップは、時差発走する形で与えます。時差は、
  コースのラップタイムによって、当日発表しますが、例えば
  次の例のように出走します。
   定刻   L3
   30秒後 L2
   30秒後 C4、M3
   30秒後 C3、M2、U15
   30秒後 C2、M1、L1、U17
   30秒後 C1、CJ
 ・計算上は一組の参加者全員が、ほぼ同時にゴールすることに
  なります。
 ・最大三組に分けて、一組ずつ競技します。
  (参加人数は最大45名程度になります。)
 ・各組の上位5名程度が、上位決勝戦に進出し、同じく中位決勝
  戦と、下位決勝戦も行いますので、一人あたり予選と決勝の
  2回走れます。

このルールを、烏丸半島のリザルトに適合してシミュレートすると、次のような結果になりました。

  1位 C4A 二位 LAP 6:59 + 60秒 = 7:59
  2位 U15 日野泰静 LAP 6:32 + 90秒 = 8:02
  3位 L2 千原亜里沙 LAP 7:35 + 30秒 = 8:05
  4位 C4B 二位 LAP 7:07 + 60秒 = 8:07
  5位 M3 優勝 LAP 7:13 + 60秒 = 8:13
  6位 C1 横山航太 LAP 5:46 + 180秒 = 8:15
  7位 C2 優勝 LAP 6:20 + 120秒 = 8:20
  8位 M1 水谷拓也 LAP 6:24 + 120秒 = 8:24
  9位 C3 二位 LAP 6:54 + 90秒 = 8:24
 10位 M2 優勝 LAP 7:00 + 90秒 = 8:30
 11位 U17 藤垣人也 LAP 6:34 + 120秒 = 8:34
 12位 L3 優勝 LAP 8:39 = 8:39
 13位 L1 宮内佐季子 LAP 6:42 + 120秒 = 8:42

何度も優勝している選手は、実名をお借りしました。
1位から13位まで、43秒差にひしめきます。
組み分けによっては、あなたにも勝利のチャンスがあるかも。

(3.11を忘れない関西クロスの仲間たち 佐野)