関西シクロクロスブログ

関西シクロクロス公式ブログ

シクロクロス・UCI-2マキノラウンド イタリアからの招待選手がアベック勝利

11月23日に滋賀県高島市マキノ高原で行われた「UCIクラス2 マキノラウンド」はイタリアからの男女のU23チャンピオン、ジョエーレ・ベルトリーニ(セライタリア・グエルチョッティ)が男子エリートで、女子エリートはアリスマリア・アルツッフィ(同)が圧倒的な力量でアベック勝利。U23は中原義貴(弱虫ペダル シクロクロスチーム)が勝利となった。


UCIクラス2となるマキノラウンドは、世界選手権やワールドカップといったUCIレースに出場する際にスタート位置やランキングといったUCIポイントが獲得できるレース。ポイントを獲得できるため、海外からジョエーレ・ベルトリーニとアリスマリア・アルツッフィが招待選手として参加した。それぞれU23イタリアチャンプを獲得した期待の若手選手である。
そして国際的なレースとなるべくマキノのコースには海外のレースを彷彿とさせる「フライオーバー」が設置された。昨年の全日本でも設置されたものの簡易的な作りで危険と判断されたため、コースからは除外された。今回はそれを踏まえて「専用」として設計され、階段数は10段と降りる際の高さもあるこのコースのシンボルとなった。マキノ高原の広い芝生エリアを駆け巡る「登りの多い」約2.9kmの厳しいコーストレイアウトとなっている。


他を寄せ付けない二人のイタリアチャンプ

男子エリートは海外遠征を続けている竹之内悠(ベランクラシックドルチーニ)が不在となったものの、ここまでJCXシリーズを連勝している山本和弘(弱虫ペダル シクロクロスチーム)や小坂光(宇都宮ブリッツエンシクロクロス)やと国内有利な選手が集結した。ベルトリーニはU23カテゴリーであるものの、監督の要請でエリートでの出走となった。
スタートしてからの直線を先頭で飛び出したのはベルトリーニだったものの、テクニカル区間で転倒してしまい集団に飲み込まれてしまう。山本も転倒してまう程の「コーナーでの芝生で滑り易い」レースの中、後続を置き去りするハイペースで先頭となった小坂が後続を突き放す。しかしベルトリーニがペースを上げていき他の選手が誰も乗車して超えられないコースのシケインを唯一クリアしていく程の速さで、3周目の終盤で小坂を追い越す。7周回となったレースはベルトリーニが安定した走行を続け、後続は小坂を猛追する山本がタイム差を縮める。
レースはフィニッシュラインでベルトリーニが得意のウィリーを披露しての勝利となった。2位は小坂、3位はおよそ10秒差までつめた山本となった。


ベルトリーニはレースをこう語る。
「2回転けて最初の周回は厳しかった。あとはいいリズムで走れました。凄く厳しくて綺麗なコースでした。コースは今回のようなレイアウトはイタリアにはない。イタリアは障害物が多くて今回のような登りは少ない。来週の野辺山は新しいコースと新たな選手も来るので頑張るよ」
2位の小坂は次のレースの意気込みを語った。
「今日は招待選手が凄く強力と聞いていた。スタートから攻めてそれが良かったのか落ちついて自分のペースで走る事ができた。やっぱり向うはパワーがあるので途中追いつかれてました。二人で走った感じでは僕の方がテクニックはあると思うので、あとはパワーだと思います。今日は一番の走りができたので、次の野辺山と全日本と勝ちたいと思います」


女子エリートはスタートからアルツッフィが先頭を譲らず独走で勝利。全日本チャンプの宮内佐季子(Team CHAINRING)は全く歯がたたなかった。
アルツッフィはレースを振り返り、
「今日は体調もよく登りが得意で今日のコースは合っていた。いいコースでオーガナイザーも良かった。来週は今日のようなレースができたら嬉しい」
宮内は来週の野辺山への挽回を誓った。
「せっかくイタリアから招待選手を呼んでもらってのにほとんど全然つるめなかった。次週の野辺山では最初の一周か2周でも一緒に走って体感したい。そのための準備をこの一週間でしたい」


接戦の戦いとなったU23

U23は横山航太(シマノレーシング)・沢田時(ブリヂストン・アンカー)・中原義貴(弱虫ペダル シクロクロスチーム)・前田公平の4人がレース中盤まで一進一退のパックでレースを進行、5周目横山がミス、沢田がパンク、前田が遅れで中原が先頭に躍り出た。そのままのリードを保ち中原が勝利、2位に横山、3位はトラブルでの遅れを挽回した小橋勇利(JP SPORTS TEST TEAM-MASSA-ANDEX)となった。
中原は同世代の対決を制した事を語った。
「チームのみんなから落ちついて走れと言われて、それが出来ていなかったのが一番駄目なところでした。落ちついて走ったらレースの展開も見えてきて、ここだと思ったところで勝ちました。みんな速くて辛かったですが割り切って自分のペースで走りました」
また2位の横山は悔しさを語った。
「4人パックになった時、沢田選手と前田選手しか見てなかった。その二人が積極的に動いて自分もそれに反応してましたが、中原選手が上手く立ち回って、バイク交換や転けたりして最後にもって行かれて悔しい思いをしました。野辺山・飯山と全日本に向けて調整したいと思います」

男子エリート結果1位 ジョエーレ・ベルトリーニ(セライタリア・グエルチョッティ) 1:03:52
2位 小坂光(宇都宮ブリッツエンシクロクロス)+00:08
3位 山本和弘(弱虫ペダル シクロクロスチーム)+00:15
4位 小坂 正則(スワコレーシング)+02:16
5位 濱 由嵩(スピードバーゲンシクロクロスチーム)+02:36
6位 合田 正之(サイクルクラブ3UP)+03:42
7位 BRENNAN Wodtli(SPEEDVAGEN Family Racing)+03:54
8位 中村 龍太郎(イナーメアイランド信濃山形)+04:06
9位 大渕 宏紀(DECOJA/NEXTPHASE)+05:06
10位 國井 敏夫(Mile Post Racing)+05:58

女子エリート結果1位 アリスマリア・アルツッフィ(セライタリア・グエルチョッティ)0:47:47
2位 宮内佐季子(Team CHAINRING)+01:26
3位 與那嶺惠理(サクソバンクFX証券)+02:38
4位 武田 和佳(Team CHAINRING)+06:41
5位 坂口 楓華(パナソニックレディース)+07:29
6位 上田 順子(ダム部/獣遊)+08:33
7位 林口 幸恵(スネル・シクロクロスチーム)+08:47
8位 埜真 賢美              +09:51
9位 鈴木 美香子(ckirin.com)-1Laps

U23結果1位 中原義貴(弱虫ペダル シクロクロスチーム)0:56:06
2位 横山航太(シマノレーシング)+00:24
3位 小橋勇利(JP SPORTS TEST TEAM-MASSA-ANDEX)+00:34
4位 前田 公平            +01:21
5位 沢田時(ブリヂストン・アンカー)+01:40
6位 山田 誉史輝(PAX PROJECT)+03:52
7位 中井路雅(京都産業大学)+05:40
8位 中井唯晶(瀬田工業高)+07:23
9位 金子 楓(スネル・シクロクロスチーム)+08:57
10位 木村 吉秀(JP SPORTS TEST TEAM-MASSA-ANDEX)-1Laps


男子エリートスタート

専用設計のフライオーバー

シケインを飛び越えるジョエーレ・ベルトリーニ(セライタリア・グエルチョッティ)

レースを制したジョエーレ・ベルトリーニ(セライタリア・グエルチョッティ)

後続を大きく離したアリスマリア・アルツッフィ(セライタリア・グエルチョッティ)

レースを制したアリスマリア・アルツッフィ(セライタリア・グエルチョッティ)

4人で競り合うU23クラスの4人

トップに躍り出た中原義貴(弱虫ペダル シクロクロスチーム)

レースを制した中原義貴(弱虫ペダル シクロクロスチーム)