関西シクロクロス公式ブログ

関西シクロクロスシリーズの情報はこちらから

招集とゼッケン番号について(2020-2021シーズン)

シクロクロスでは、スタート時の位置取りがレース結果に大きく影響することから、スタートグリッドには選手を一人ずつ入れて並べます。これを招集と呼びます。関西シクロクロスでは、招集時に原則としてゼッケン番号順に選手を呼び出します。各カテゴリーのゼッケン番号は、エントリーリストと共に発表します。この記事で、2020-2021シーズンの関西シクロクロスのゼッケン番号と招集についてご説明します。

ゼッケン番号

第1戦 紀の川では、昨シーズン終了時点でのAJOCC全国ランキングを参考にエントリーリスト上のゼッケン番号を決定します。

第2戦 富田林~第11戦 桂川では、レースが開催される3日前の木曜までにAJOCCデータベースに反映されている、最新のAJOCC全国ランキングを使用します。

UCI マキノ(1日目)では、カテゴリーによりUCIランキングなどを優先して使用します。

木曜以降のレース結果の反映

木曜以降にAJOCC公認のシクロクロス大会に連続して出場された場合、前のレースの結果は後のレースのエントリーリストに反映されませんが、昇格した場合のみすぐ後のレースから出走カテゴリーが変更となります。

(例)

  • 2020.11.22(日) 東海第2戦 山県 → 11.23(月・祝) 関西第4戦 マキノ(2日目)
  • 2021.1.16(土) 東海第4戦 愛知牧場(1日目) → 1.17(日) 関西第10戦 堺
  • 2021.1.30(土) 中国第2戦 砂谷牧場(1日目) → 1.31(日) 関西第11戦 桂川
    など

関西シクロクロス以外のレースで昇格し、直後3日以内に関西シクロクロスにも出走される場合は、大変お手数ですがすぐにこちらのメールアドレスentrykansaicross@gmail.comへご連絡ください。夜でも朝でも構いません。

なお、昇格以外のレース結果のエントリーリストへの反映はありません。また、1週間前のレースで昇格した場合も、通常は木曜日までにデータベースが更新されますので連絡の必要はありませんが、発表された関西シクロクロスのエントリーリストに前週までの昇格情報が反映されていなかった場合は、同様にメールでご連絡をお願いします。

招集の手順

選手は、時間割に記載の招集開始時刻にスタートエリアにお集まりください。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、早すぎず遅すぎない時間にスタートエリアに来るよう心がけてください。招集開始時刻は、レースがスタートする10分前としていますが、実際は選手の人数に合わせてできる限り呼び出しを遅くします。呼び出しが始まるまでは、他人との距離を保ち、会話は最小限に抑えてください。

招集では、ゼッケン番号のみを2回呼び出します。選手本人がその場にいない場合は次の番号を呼び出し、スタートグリッドを空けることなく詰めていただきます。選手本人が呼び出しに遅れてスタートエリアに到着したときは、すぐに招集担当審判に申し出て確認を受けてください。その後その時点で空いているスタートグリッドに入ることができます。

呼び出しを受けてスタートグリッドに入るときは、上着を選手自身で脱ぐかめくって、肩ゼッケンか背中ゼッケンのどちらか1枚が見える状態にして審判の確認を受けてください。審判と選手との接触をなるべく減らすよう、ご協力をお願いします。

マスクの着用は、可能な限りで結構です。スタートグリッドに並んでからマスクを外すのであれば、選手本人のみでマスクの処分を完結させてください。主催者スタッフによるマスクや上着の回収は行ないません。選手以外はなるべくスタートグリッドから離れてください。マスクをそのままの状態でチームスタッフに投げて渡したり、その場に捨てたりするのはおやめください。マスクを清潔に処理できないと思う場合は、呼び出し前に外しても構いません。

スタートグリッドに並んでからも、会話や独り言は最小限に抑えてください。

混走のカテゴリーにおいて、同時スタートの場合は、カテゴリー間でグリッドを空けずに詰めて並ぶことを原則とします。時差スタートの場合は、間に隙間を空けます。

f:id:kansai_cyclocross:20200916161845j:plain

選手自身でゼッケン番号がわかるようにして審判の確認を受けてください(過去の写真です)

機材の制限

どのカテゴリーも、UCI競技規則に適したシクロクロスバイクでの出走が原則です。ただし、新規参加者の負担軽減のため、C3, C4, L2, L3, M2, M3, U17, U15, CK3, CK2, CK1, CCについては特例としてマウンテンバイクでの出走を認めます。リカンベントやトラックバイクなど、審判が競技に適さないと判断する車種での出走はできません。CK3, CK2, CK1については、いわゆる小児車でも参加を認めますが、カゴや泥除け、スタンドなどの部品は競技中に破損するおそれがありますので、取り外すことを推奨します。

UCI競技規則に定められた、全幅(ハンドル幅)50cmを超えるマウンテンバイク等の車両は、スタート時の危険を避けるため、ゼッケン番号にかかわらず集団最後方での出走となります。招集時に審判の指示に従ってください。

関西シクロクロスシリーズランキング

2020-2021シーズンは新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、レースの定員を大幅に少なくし、カテゴリーにより全戦エントリーができない可能性があること、また無理な皆勤を推奨せず、体調不良時の欠場を促す必要があることから、関西シクロクロスシリーズランキングの集計および年間表彰は実施しません。悪しからずご了承ください。