関西シクロクロス公式ブログ

関西シクロクロスシリーズの情報はこちらから

ピットについて(2020-2021シーズン)

充分に整地されていないコースを走るシクロクロスレースでは、マシントラブルがつきものです。そのため、コースの途中にはピットエリアが設置されています。ここでは、その「ピット」について解説します。

ピットの場所

ピットの場所は、コース図に記載されています。ほとんどの場合、1つの周回で2回立ち寄れるように設計されています。ピットレーンは、競技レーンから分岐、合流する構造になっており、その始まりと終わりの場所に黄色い旗が設置されています。ピットレーンには、作業をするためのピットスペースが隣接しています。ピットスペース内を走行してはいけません。

1つのピットスペースに対して、1本のピットレーンしかない場合をシングルピットと呼びます。1つのピットスペースに対して、2本の別のピットレーンが接している場合をダブルピットと呼びます。シングルピットは、1つの周回で2ヶ所設置されている場合があります。

  • シングルピットx2の例

f:id:kansai_cyclocross:20191031173954j:plain

2019.11.24(日) #3 美山向山 コース図
  • ダブルピットの例

f:id:kansai_cyclocross:20191015202347j:plain

2019.11.17(日) UCI JCX-4 資生堂 マキノ コース図

コース上でやって良いこと悪いこと

マシントラブルが起きたとき、まずコース上で立ち止まって修復を試みることは、他の選手の妨げにならなければ、全く問題ありません。レース中に工具や部品を自分自身で携帯し使用することも、全く制限されていません。

ですが、コース上で他の選手やサポートスタッフ、観客等から工具や部品を借りたり、修復の手助けを受けたりすることは明確に禁じられています。これらの作業はすべてピットエリアで行なわれなければなりません。

ピットでやって良いこと悪いこと(選手)

ピットレーンに入った選手は、誤って入ってしまった場合を含め、毎回必ず自転車、車輪の交換または他の機械的補助を受けなければなりません。機械的補助には、ディレーラーの調整、何らかのねじの増し締め、詰まった泥の除去など、あらゆる作業が含まれます。

何の作業もせずピットレーンを通過しようとした選手は、必ず審判が制止します。審判の制止を振り切ってピットレーンを離脱した場合は、意図的かどうかを問わずペナルティの対象となる可能性があります。ですが、これはピットレーンからの離脱の可否を毎回審判が意思表示するということを意味しません。何らかの作業をして、制止されなければそのままレースに戻ってください。

  • ピットレーンに入ったものの、サポートスタッフがいなかったため通過を制止された例。他チームのスタッフが「機械的補助」を行なったため、ピットレーン離脱を認められている。

ピットでやって良いこと悪いこと(選手以外)

関西シクロクロスでは、サポートスタッフにピットへの立ち入りを許可するための腕章やIDカード等を、特に発行しておりません。また、ピット内での選手の応援や写真撮影も、特に強く制限しておりません。ですが、選手がピットに入ってきたときにサポートの邪魔になることがないよう、充分に注意してください。サポートスタッフ、観客を問わずペナルティの対象となる可能性があります。

ピットに置く物

すべての選手に専属のサポートスタッフがついているのが理想ですが、関西シクロクロスではそんな選手ばかりではないことも理解しています。工具、部品や代車、代輪のみをピットスペースに置いても構いません。異なるカテゴリーの選手同士で共通に使える物を置いても構いません。ですが、競技中の選手同士で自転車や車輪を交換してはなりません。

ピットスペースは面積が限られてますので、その置いておく物が使われないカテゴリーのレース時間では、極力その物を置かないようご協力をお願いします。そして一番大事なことですが、レース終了後は持って帰るのを忘れないように!!

  • ピットに置く物は最小限の数、最小限の時間で!!

f:id:kansai_cyclocross:20200107155411j:plain

2019.11.10(日) #2 資生堂 富田林 ピット

ピットインの練習

幸運にも代車とサポートスタッフの両方を用意できたなら、試走時間にピットインの練習をしておきましょう。レース本番でいきなり降車・乗車をするのは事故のもとです。事前に適正なギアとクランク位置を決めておきましょう。

洗車

関西シクロクロスでは、UCIレースを除き、原則としてピット付近に共通の洗車機や水は用意していません。洗車のためにそれらが必要な場合は、各自で用意してください。その際は、廃水がコースに流れ込まないよう充分注意してください。

ピットのところでUターン

原則として、コース上のいかなる場所でも逆走することは禁じられています。ですが唯一の例外として、ピットレーンに並行する競技レーンに限り、他の選手の妨げにならないように停止、Uターンし、後戻りをしてピットレーンに入ることができます。これは、選手から見えない部分のマシントラブルをサポートスタッフが発見し、選手に伝えた場合等を想定したルールになっています。

その他のコースやピットレーン自体は逆走できません。したがってサポートスタッフが呼びかけたとしても、競技レーン上を走行していた選手がピットレーンの終了を示す黄色い旗を通り過ぎてしまった場合は、Uターンすることはできませんし、ピットレーン出口から入場することもできません。次のピットレーン入口までコース上を進まなければなりません。

同様に、誤ってピットレーンに入ってしまった場合に、ピットレーンを逆走して入口から出ることはできません。

  • やむを得ず逆走する場合は、周囲をよく確認すること。他の選手を妨害したとして、のちに失格となった例。