関西シクロクロス公式ブログ

2019-2020シーズンエントリー受付中!!

2020.2.9(日) JCX最終第10戦 資生堂 日吉の開催概要

開催概要

2019-2020シーズン 関西シクロクロス 資生堂 日吉 JCXシリーズ最終第10戦 JCF公認

2020年2月9日(日) 京都府南丹市日吉町 スチールの森京都

Googleマップのアプリ・ページで開く↗

レース時間割

関西シクロクロスシリーズ標準時間割(B2)とは異なりますので、招集開始に遅れないように、くれぐれもご注意ください。

キッズ試走およびキッズレースは、昼の試走より前に行ないますのでご注意ください。

レース受付(ゼッケン等の受け渡し)はレース当日の7:45ごろから行ないます。ゼッケン等は再利用しますので、両面テープ等は使用しないでください。レース後は受付に返却をお願いします。

中学生以上の男女すべての選手は、受付時にJCFライセンスを提示するか、臨時登録が必要です。通年登録している場合は、ライセンスを忘れないようにお持ちください。

受付について、詳しくはこちらの記事を参照してください。

JCX-10 日吉時間割(J)
カテゴリー 招集開始 レース/試走開始 レース時間/終了時刻 コース/対象 備考
前日試走(土) - 14:00 ~16:30 全カテゴリー可 三船スクール14:30~
朝の試走(日) - 7:30 ~8:35 全カテゴリー可 CK2,CK1には大人が付き添い、共にヘルメットキャップを着用。CK3も着用。
C4 / CM3+U15 / CL2 8:35 8:45 約30分 ロング 先の時差発走2分。+は同時発走。後のCL2のみ時差発走30秒で、別周回管理。
C3 / CM2+U17 9:20 9:30 約30分 ロング /は時差発走2分。+は同時発走。同一周回管理。
キッズ試走 10:10 10:15 1周 ショート 先導係に従ってCK2,CK1全員で試走。
CK2+/ CK1 キッズ試走後 10:20 約10分 ショート 時差発走0秒~1分。同一周回管理。
CK3+CL3+CC 10:30 10:40 約15分 ミドル 同時発走。同一周回管理。
カテゴリー 招集開始 レース/試走開始 レース時間/終了時刻 コース/対象 備考
昼の試走 - 11:05 ~11:30 CK2,CK1不可 キッズ試走およびレース中もショート、ミドル以外の部分は試走可。充分注意。
C2 11:30 11:40 約40分 エリート -
CM1 12:25 12:35 約40分 エリート -
カンクロー(未就学児) CM1スタート前 CM1スタート後 - 短い特設コース 当日スタート地点付近に集合。三輪車、ストライダー可。
CL1 / CJ 13:20 13:30 40~50分 / 約40分 エリート 時差発走2分で、別周回管理。CL1は80%ルール適用。
C1 14:20 14:30 約60分 エリート 80%ルール適用。
総合表彰 - 15:45 - C1,CL1,CM1 JCXシリーズランキング上位を表彰します。

JCX-10 日吉では、エリートコースを設定します。試走の際によくご確認ください。

試走について、詳しくはこちらの記事を参照してください。

周回数について、詳しくはこちらの記事を参照してください。

会場の都合や天候等の理由により、カテゴリーの組み合わせやレース開始時刻、使用コース、時差、周回管理は変更される場合があります。レース当日はコミュニケボードをよくご確認ください。

前日試走と三船スクール

レース前日もコース設営完了後に、14:00ごろから16:30ごろまでコースを試走することが可能です。コースがすいているので、すべての選手におすすめです。

レース前日2020年2月8日(土)14:30ごろから1時間程度、元全日本チャンピオン三船雅彦さんによる「三船スクール」が開催されます。初心者から上級者まで役立つものとなっていますので、ぜひご参加ください。参加料は¥500-、当日現金払いで受け付けます。予約の必要はありません。スタートライン付近にご集合ください。

エントリー

2020年1月12日(日)から2月2日(日)まで、スポーツエントリーで受け付けています。

※JCX 日吉は、全戦エントリーには含まれておりませんが、シーズン開始前の1次募集各レース個別エントリーには含まれています。ご自身がすでにエントリー済かどうか、1次募集受付リストを充分ご確認ください!!

楽エン

申し込み時にJCF通年登録をしていない場合は、必ず臨時登録のオプションを選択してください。

エントリーリスト

開催2日前の金曜日夕方までに発表します。

ゼッケン番号と招集について、詳しくはこちらの記事を参照してください。

C1, CL1のゼッケン番号は、UCIランキング、JCFランキングの順で優先となります。

ブース出展

  • 大会特別協賛の資生堂より、表彰対象者への賞品プレゼントがあります。

その他は開催2日前の金曜日夕方までに発表します。

コース図

開催2日前の金曜日夕方までに発表します。

レース前日、当日以外の試走はできません。

JCX-10 日吉では、エリートコースを設定します。試走の際によくご確認ください。

駐車場

京都縦貫自動車道 園部ICから車で約15分、約9km

会場付近の府道50号、国道477号などに一部通行止めの場所がありますので、一般道でお越しの場合はご注意ください。

f:id:kansai_cyclocross:20200115080901j:plain

2020.2.9(日) JCX-10 資生堂 日吉 周辺図

駐車場は7:00に開門します。駐車料金は不要です。

宿泊棟、郷土資料館の舗装された常設駐車場は使用しないでください。必ずコース図の駐車場1または駐車場2にとめてください。

原則として試走が始まる時刻の7:30までは下の駐車場2、7:30以降は上の駐車場1に案内します。各自で到着時間を調整してください。

下の駐車場2は、レース時間中の出庫ができません。レースの合間に出庫したい場合は、完全に出庫準備を整えて、レースが終わるまで出口で待機してください。

JCX-10 日吉では、まだ充分に歩けないぐらいの小さなお子様がいるなど、ご家庭の事情によって、レース会場に近い駐車場を希望される方に優先駐車証を差し上げます。さらに、JCXランキング男女5位以内の選手がいるチームにも優先駐車証を発行します。ご希望の方は遠慮なくentrykansaicross@gmail.comまでお問い合わせください。

交通アクセス

JR西日本 山陰本線 日吉駅から10:10南丹市営バス美山園部線 美山町自然文化村行で10:15スプリングスひよし乗り換え、10:21府民の森下車

帰りは16:35府民の森から16:40スプリングスひよし乗り換え、16:45日吉駅

日吉駅でバス乗車時に、行きに府民の森まで乗ることおよび帰りに府民の森から乗ることを運転手にお伝えください。帰りだけ乗る場合は、直前でも良いので電話予約が必要。

詳しくはバス運行ダイヤ(11-12ページ)を参照してください。1日に往復1本のみ運行。

その他、会場のスチールの森京都へのアクセスも参照してください。

会場の諸注意

  • 郷土資料館と森の資料館のトイレは使用しないでください。メインキャビンのトイレと、受付近くの仮設トイレをご利用ください。西側の小屋のトイレは改修工事中のため、多目的トイレ1個しか使えません。
  • トイレや炊事場では、洗濯や洗車をしないでください。食べ物を扱うところですので、ご配慮願います。
  • 東側の郷土資料館付近に共通の洗車場を設けますので、レース前後の洗車にご利用ください。
  • ピット付近にも共通の洗車機を設置します。水の量が限られている上にレース中の洗車は時間との勝負ですので、その時点で競技中の選手のバイクのみに使用してください。
  • 洗車機の持ち込みを認めますが、廃水がコースに流れ込まないよう充分注意してください。

世界選手権応援ピンバッジ

毎年恒例の、世界選手権応援ピンバッジを数量限定販売しております。今シーズンの世界選手権は終了していますが、総売上から経費を除いたすべての利益が、世界選手権に出場した日本代表の遠征費として寄付されます。

レース受付にて¥600-で販売しておりますので、ぜひコレクションしてください!!

f:id:kansai_cyclocross:20191112090943j:plain

2020年シクロクロス世界選手権応援ピンバッジ

大会情報

主催:関西シクロクロス実行委員会

主管:662CCC、チーム泥んこプロレス、トーヨーCT

特別協賛:資生堂

協賛:ネクストステージ、スギノエンジニアリング、パナレーサー、サンボルト、クランノート、パナソニックサイクルテック、なかじきや、ウインクレル、タベルナ エスキーナ、黒田屋(眼'Z)、小南東洋鍼灸院、日タクホールディングス、MEGA GREEN STAR、CACHALOT、Vittoria Japan、美山町向山区、キャニオンバイシクルズ、DECOJA、資生堂ジャパン、和光ケミカル、前田製菓、HiMaWaRi、sweet kitchin chiyo、スマイルポケット、STOKEDCYCLE、ローディーズカフェ、サークルズ、Re:bone、東洋フレーム、Re蘇、岩井商会、Rapha Racing、室井輪業、MINOURA、東洋ライス、ダイアテック、テンダー&ジューシーバイク、バイク・フォワード、滋賀フーズ、Blue Gorilla、ラバッジョ